作家・管理人 ひととなり

布作家の 理山りざん 理恵子りえこ です。
よくぞ、こんなところまでのぞいてくださいました。
感謝、感謝です。

えっと、ざっと、ひととなり。

「上を向いて歩こう」が米国中に流れ、
初の女性宇宙飛行士、ソ連のテレシコワ少尉が「私はカモメ」と言い、
日本初の高速道路ができたころ、
六文銭ののぼり旗で有名な地で出生。

実家は、木造二階建て、その昔、養蚕をしていた家屋で、田畑を持ち、ウサギやニワトリを飼う。

父の転勤でその実家に引っ越してきて以来、高校卒業するまで、北方に浅間山、南方に八ヶ岳を見ながら
ウサギやニワトリの世話をし、犬とともに大家族で、自然の風を感じながら暮らす。

そして、上京。

文化女子大学短期大学部服装学科、専門学校東京アナウンス学院という
ダブルスクール族の走りを過ごし、無事、卒業。
卒業後、すごく忙しい仕事、時には掛け持ちの仕事をこなし、バブル期もバブル崩壊も経験する。

稼いだお金はコンピュータにつぎ込み、徐々にコンピュータにまつわる仕事が多くなる。
米国シリコンバレーでGoogleが創業したころ、
江戸城外堀の近く、古き良き時代の香りがまだ少し残る町に嫁いだ。

これを契機に、会社員の合間にキモノや古着のリメイク創作活動に励む。
これも二世帯住宅というのか、母屋の隣の二部屋しかない小さな小さな昭和の香り漂う戸建てに住み、
キモノがキモノを呼び集め、自分たちの着るものよりたくさんのキモノや古着に埋もれて、暮らしている。
急速に発達したインターネット上で、割りと気軽に個人でオンラインショップを持つことができるようになった。
そこで、ぼちぼちと作品販売を始め、
今に至る。

えっ?ざっとすぎる?

まぁ、こんなもんですよ。

よろしくお願いします。