古着再生活動−リメイクのはじまり−

始まりは、布が捨てられないことだった。

それは、祖母や母が、すり切れや汚れなどでもう着ることが出来なくなった着物をほどいて、布団カバーやお稽古袋、前掛けや遊び着、端切れで人形の服、さらに紐や帯など実にさまざまなものを作って使い回してた中で育ったからだ。
それに、古着のいい塩梅に褪せた色やくたびれた布の感触、そして何よりも、そこにある模様が好きだった。

古着を再生させることは、ゼロからの出発ではない。まず、完成されている物の縫い目をほどくのだ。

そう、破壊である。

次第に繋がっていた物が切れ、文字通りの「きれ=布」になる。
袖(腕)を切り離し、身ごろ(胴)を切り離し、襟(首)を切り離し、まるでバラバラ殺人のようだ。

その行程を見ていた初期作品の所有者は、「あのバラシた服で作ったの?」と言った。

「バラシ」!!

そう、そうなのだ。バラシて輪廻転生。
これが私の 古着再生活動−リメイクのはじまり− である。

バラシャツ

バラシた布でシャツ・ブラウスなどにリメイクした作品。
※「バラシャツ」は、バラシた布で製作したシャツ型の着る物の総称で理山の作品名です。

一部販売しています。

過去作品まとめ。

  • 菊蜀江0037
  • 祭提灯0034
  • 祭提灯0033
  • てふてふ0032
  • てふてふ0031
  • 絞染風0030
  • 銀鼠0029
  • 菊桐鶴0028
  • 紺紬椿0027
  • 紺紬椿0026
  • OOYLヨ0025
  • 絞染七宝0024
  • 手書き画0022
  • 手書き画0021
  • 桃色無地0020
  • 紺白蝶0019
  • 石畳0018
  • ムームー0017
  • 松葉牡丹0016
  • 変七宝繋0015
  • 変七宝繋0014
  • 六弥太扇0013
  • 六弥太扇0012
  • 紅葉0011
  • 桔梗0010
  • 鉄線花0009
  • 染直小紋0008
  • 染直小紋0007
  • 紺地よろけ縞0006
  • 格子0005
  • 格子0004
  • 花唐草0003
  • 花唐草0002

紳士用の胸ポケットは縦型の片玉縁ポケットなので中に入れた物が飛び出さない。

▲ページトップへ

バラシトラ

トランクスに作り替える「バラシた布でトランクス - バラシトラ」作品。

  • 100032
  • 100032
  • 100031
  • 100031
  • 100030
  • 100030
  • 100029
  • 100029
  • 100028
  • 100028
  • 100027
  • 100027
  • 100026
  • 100026
  • 100025
  • 100025
  • 100024
  • 100024
  • 100023
  • 100023
  • 100022
  • 100022
  • 100021
  • 100021
  • 100020
  • 100020
  • 100019
  • 100019
  • 100018
  • 100018
  • 100017
  • 100017
  • 100016
  • 100016
  • 100015
  • 100015
  • 100014
  • 100014
  • 100013
  • 100013
  • 100012
  • 100012
  • 100010
  • 100010
  • 100008
  • 100008
  • 100007
  • 100007
  • 100006
  • 100006
  • 100005
  • 100005
  • 100004
  • 100004
  • 100003
  • 100003

洗濯の繰り返された布は、肌触りが柔らかくなるので、直接肌に触れるにはちょうど良い。 後はすり切れるまで思う存分使えば良い。 お気に入りだったものもここまで身に着ければ思い残すこともない!?

▲ページトップへ